« マネキハンド | トップページ | ネーミングその2 »

2006年8月11日 (金)

ネーミング

「マネキハンド」に対する反響が多かったので、名前の付け方についての考察をしていたら、面白い名前の商品が世の中には沢山あることを思い出しました。鎮痛剤の「ケロリン」をはじめとして、特に薬や健康食品はそういうネーミングの宝庫です。思い出しただけでも熱冷ましの「熱さまシート」とか「冷えピタ」、増血剤の「マスチゲン」、ダイエットの「スリムドカン」など、「マネキハンド」に比べて日本的奥ゆかしさのかけらも感じられない商品名が山ほどあります。
探してみたら(探すなよ!という声が聞こえてきますが、気になったのです)「イビキング」とか「oh!ブラッ寝具」とか、凄いモノを続々発見。
その中でも最も僕の心に響いたのが「ツージーQ」。きっとCCRなんかが好きな人が付けたに違いありません。ロックファンには確実にツボに入るこのネーミングのセンスには脱帽。便秘薬というところも渋すぎます。

楽器周りのものにも面白いのはいろいろありますが、僕は昔「カポ」というギターのネックに付けて使う道具のことを「カポっと」付けるからカポと言うのだと思い込んでいて、自分の単純さに呆れたことがあります。(正式にはカポタストと言います)
その他僕の周りのミュージシャンやローディーさんの間では、弦の滑りを良くするためのスプレーを「弦すべーる」といったり、弦を張り替える時に使うペグ(糸巻き)を巻く道具を「アルトベンリ」などと言ったりしています。

やはり商品名にはある程度の押しの強さが必要、ということなのでしょうか。僕の曲のタイトルも、少し変えた方が良いのかもしれません(無理か?)。

200607040200000

« マネキハンド | トップページ | ネーミングその2 »

コメント

つい声に出して言いたくなってしまう、
誰かに「どう?この名前(笑)」と教えたくなってしまう、
そりゃ、探してみたくもなりますよね。

心に響く名前が見つかって良かったです。

投稿: みをきち | 2006年8月11日 (金) 22時35分

祭り明けで若干微睡みつつおはようございます。

曲のタイトルはともかくとして。
商品名はやっぱり買う側の頭に残るインパクトがあるかどうかと
内容がわかりやすいこと、なんでしょうね。
要は駄洒落をどれだけうまく使うか…だったら
なんとなーく力が抜ける気がしますが(笑)
類似品の名前ってやっぱいまいち残らないし。
たとえば発熱時の冷却シートのことを指すときはたぶん
「冷えピタ」か「熱さまシート」に二分されるのでは?
類似品いっぱいありますが、100均とかに(笑)

ん?訳が分からなくなってきたな。
寝起きに文章打つから…ともかく
楽しんで読ませていただきました。

投稿: ミクラマコト | 2006年8月11日 (金) 06時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126175/3014924

この記事へのトラックバック一覧です: ネーミング:

« マネキハンド | トップページ | ネーミングその2 »