« さらにライブのお知らせ | トップページ | 絵も好き »

2006年9月28日 (木)

スタジオ日記

ブログをほったらかして(というか時間がなかった)プロデュースをさせてもらっているsowansongのレコーディングで河口湖に行っていました。
ギターおおはた雄一くん、キーボードにYANCY、ドラムに高橋結子さん、ベースは中條卓さんという強力なメンバーに集まってもらうことが出来ました。
P1060126
デジタル編集はもはや当然のこのご時世にわざわざ大きなスタジオをまで行って、時代錯誤も甚だしいアナログのテープレコーダーでほぼ全ての演奏を一緒に録音しました。ほとんどスタジオライブと言っても良いかもしれません。
この瞬間にしか出来ないことをしたい、というsowansong本人の意向もあって事前の決めごとは殆どなし。このメンバーが揃って悪いものが出来るはずがないのはわかっていながらも、結局はその場の雰囲気をどう作るか、という事しかない状況にドキドキでしたが、個々にはみんな馴染みのあるメンバー、以心伝心の素晴らしい演奏をしてもらえました。
自分の気持ちを伝えたい、ということで、大阪育ちのsowansongが自らお好み焼きを作って振る舞うというイベントも。お好み焼きにトッピングするスジ煮込みまで用意するという気合いの入りようでしたが、粉にマジックがあるらしく、ホントにうまい!!こういうことが確実に音にも反映されるのです。

200609232152000200609232307000


録音が終わってみんなでお酒を飲めるのもリゾートスタジオならでは。天気も良くて気持ちのよい朝を迎えました(もちろん飲んでへべれけです)。

スタッフ:「こんな良いもん出来ちゃって、このアルバム何枚売りますかね?」

sowan:「1万枚、いや、10万枚!・・・いや、1万枚!」

「なんで下がるんですか?」

「sowanさん、これから発売に向けてどんな展開して行きましょうかね?」

「・・・・・・・走る!!」

「はしるんですか??」


そんな朝の風景。
P1060116P1060113_1


そして今日からは東京に戻ってミックスに突入。写真は2006年にはありえないトラック数の少なさに感激しつつ作業を進めるエンジニア小杉さん(そうしたのはこの人なんですが)。

200609280048000

発売はまだ先になりそうですが、このチームでの作品の出来上がり、お楽しみに!

« さらにライブのお知らせ | トップページ | 絵も好き »

コメント

ミュージシャンの人がレコーディングで湖のほとりのスタジオに行くのは何か特別な意味があるのでしょうか。やっぱり違うものですか? 海や川では駄目でしょうか。

投稿: きゅうフレンド | 2006年9月29日 (金) 03時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126175/3610087

この記事へのトラックバック一覧です: スタジオ日記:

« さらにライブのお知らせ | トップページ | 絵も好き »