« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

インタビューされてみました

知り合いの映像制作集団「moment」からのお話があって、インタビューというのを久しぶりに受けました。人の話を聞くのはかなり得意だと思うのだけれど、自分の事を話すのはやっぱり苦手だということを再確認。
このサイト内でYANCYやリクオさんのインタビューも読めます。自分のインタビューはさておき、全く宣伝要素がないインタビュー、面白いです。

こちらでどうぞ
http://www.moment.gr.jp/index1.html

気がつけばももう11月、時が過ぎるのはなんて早いのでしょう。
今月5日は表参道FABで夢街名曲堂のイベント、27日にはO-EASTでのイベントに参加します。こんな豪華メンバーのイベントに誘ってもらえてうれしいです。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月26日 (木)

リリィvsミルトン

sowansongの残りのレコーディングで、知人宅のプライベートスタジオへちょっと小旅行。
前にもこのブログで紹介したオーストラリアン・ラブラドゥードルのミルトン君のいるお家です。

ミルトンの他に、ねこのリリィちゃんがいるのですが、まだ子供(でもでかい)のミルトンは、ねこを可愛がると嫉妬してすぐにちょっかいを出します。もうずいぶんお年寄りなのに、およそ10倍ほどはあるミルトンに対して鋭いねこパンチを繰り出すリリィは、なかなか頼もしい。

写真は臨戦状態の二人。

200610240943000

ねこも犬も、やはりいろんな感情があるのです。そんなゆるーい状況のなか、リラックスして録音が出来ました。

200610240946000

この前おじゃました時はかなり敵対視されたリリィが、すっかり打ち解けてくれたのがうれしかったです。

| コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

さぼってしまった・・

一週間更新をさぼって、自分探しの旅に出ていました(うそ)。

この一週間はグレン・ティルブルックのライブに行って盛り上がったり、YANCYとリハーサルついでに買い物したり、bonobosのライブをみたり、sowansongの誕生会があって酔っぱらって歌ったり、再始動したSHAMEのマスタリングに遊びに行ったりと、人と会う機会が多くて充実しておりました。
なんだか毎日遊んでるみたいですが、こういう事が楽しく感じられなくなってきたら音楽なんて続けていけないような気がするので、いいことにします。

写真は誕生会でのプレゼントとして用意された、セクシーなお姉さんのダンスに興じるsowansong兄やん。どこかの国のえらい人みたいです。こんな仕込みをするのもプロのスタッフならでは、さすがです。これでまた名曲を作ってくれるでしょう。
200610210105000

| コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月14日 (土)

ミラーボール

お世話になっているドラムのけっちゃんこと高橋結子さんのバンド、ゴメス・ザ・ヒットマンのライブに。けっちゃんのドラムはプレイはもちろんのこと、見ているだけで何かわくわくします。初めてCDを出してからもう10年になる、という話を聞いてちょっとびっくりしましたが、考えてみたら自分はもっとやってる事になります。継続は力なり。自分の場合は本当に力になっているのかどうかあやしいですが、とりあえず友達のライブに誘ってもらえたりするので良い事にします。

写真は会場のミラーボール。家にあったら困るなあ、と思いながら何となく撮ってみました。

200610132200000

| コメント (1) | トラックバック (0)

2006年10月10日 (火)

ライブとIRON MAIDEN

intersect Vol.3に来て頂いたみなさん、ありがとうございました。
このイベントだけのユニット「クロソワン」の新曲も間に合って良かったです。早くも音源化を望む声が上がっているので、そのうち録音するかもしれません。

このイベントでは毎回7thfloorオリジナルのおつまみが食べられるのですが、今回のメニュー「ソワン豆腐」を食べ損ねました。くやしい。

ゲスト参加してくれた岩見十夢くんもとても良いライブをしてくれました。十夢くんの曲や言葉はフォーキーなんだけれど、どこか洗練されているところがあって、そういうところが僕は好きなのです。

 


そして終演後、ファンの方から凄いプレゼントを頂きました。お手紙かと思いきや、中にはヘヴィ・メタルバンド「IRON MAIDEN」の日本公演のチケットが!!
なぜ自分にIRON MAIDENなのか?僕の知らない間にもの凄いメロウなバンドに変化しているとか、自分の事を誰かと間違えているのか、それともどういうリアクションをするか試してみたとか、いろんな事を考えましたが、とにかく見た瞬間笑っちゃいました。
お手紙を拝見したところ、外れると思っていた抽選に沢山当たってしまい、行き場がなくなってしまったとのことですが、こんなプレゼントを頂いたのは初めてなのでどうしたものか困りました。
せっかく頂いたものなので、本当に好きな人に楽しんでもらいたいと思い、ひとまず僕のCDでベースを弾いてもらっている「自称ヘヴィメタルベーシスト」の小山くんに託そうと思います(彼は本気でメタルも好きです)。彼のライブレポを期待します。
なにはともあれ、楽しいプレゼントをありがとうございました。

それにしても、IRON MAIDENと僕と両方が好きというファンの方がいるなんて、その振れ幅のダイナミックさがなんだかうれしいです。

200610102333000

| コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

明日はライブだった

今日は杉真理さんのライブに行ってきました。ライブを見て、改めて杉さんのソングライターとしての才能を実感。楽曲だけで聴けてしまうパワーがメロディーにあるのはやはり凄い事です。杉さんはなんと今年で活動30周年!全く変わらない声も素晴らしいです。
11月5日の夢街名曲堂のイベントでは、昨年に引き続き杉さんとの即席ユニットもやる予定です。

そして、気がつけば明日は「intersect Vol.3」です。sowansongとのこのイベントだけのユニット「クロソワン」の新曲も二人で作ってみました。レコーディングも順調に進んで、絶好調のsowansongと、ひとやま超えてゆるゆるな僕との温度差を是非楽しんでください。
ゲストの岩見十夢くんのライブも楽しみです。

| コメント (1) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

そば屋のラーメン心理

リハーサルの後みんなで街のおそば屋さんに。

僕は蕎麦が好きなので、ちゃんとした(というと変だけれど)蕎麦を食べる時はそれなりのお店に行くのだけれど、昔からある、確実に出前で成り立っていそうな感じの普通のそば屋さんも同じくらい好きです。
僕の場合、そういうところで食べるのは蕎麦ではなく、丼ものやラーメン。

特に街のそば屋さんのラーメンには独特の魅力があって、初めて入るお店でも中華ものがあると必ず頼んでしまいます。
そば屋さんにとってはおまけみたいなメニューかも知れないのですが、ラーメンを食べればそのそば屋がわかる、とさえ僕は思っています。

そば屋のカレーが好きだという人も数多くいますが、僕はラーメンが醤油味で「なると」が乗っていると、それだけでうれしくなってしまうのです。
そもそも「なると」ってラーメンに必要な味ではないような気もしますが、なぜか安心します。

どうしてそば屋のラーメンがそんなに心休まるのかを考えたところ、それはどうやら子供の頃食べたラーメンのイメージに一番近いからかもしれません。僕の育った家は外食を全くしなかったので、僕が子供の頃に食べた「本物」のラーメンは、親戚の家に行かないと滅多に食べられない、街の中華屋さんやそば屋さんの出前のラーメンだったのです。
子供の頃の外食への強い憧れが、きっとトラウマとなって今でも僕にラーメンを頼ませているのです(分析に意味なし)。

とにかく街のそば屋さん、これからもラーメンをなくさないで下さい。

200610021755000_1

| コメント (5) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

絵も好き

sowansongのレコーディング、ミックスまで完成して一段落。まだマスタリングやジャケットの制作などはありますが、良い作品になりそうです。


今日は知人のイラストレーターの展覧会に。
お互いにいつも深夜のバーで酔っぱらっている事が多いのですが、さすがに作品は素晴らしいものばかり。自分もちゃんとしなければいけません。最近美術館やギャラリーから遠ざかっていたのですが、大小に関わらず、あの独特の雰囲気はとても好きです。

写真はイラストレーターの塩井さん。僕には欠かせない要素である、お酒と音楽を感じさせてくれるイラストなのですが、どこか重くなりすぎないタッチが好きです。

200610011812000

| コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »