« インタビューされてみました | トップページ | ジョアン »

2006年11月 7日 (火)

ようこそ夢街名曲堂へ!

5日の公開録音イベントに来てくれたみなさん、ありがとうございました。
杉真理さん、松尾清憲さん、そしてセンチメンタル・シティー・ロマンスのみなさんという日本のポップス/ロック界の重鎮の方々と一緒に演奏出来て、とても楽しかったです。

杉さんとは恒例?のエバリーブラザーズのカバーや、松尾さんも交えてビートルズを歌ったり、センチの皆さんとはオーリアンズやCSN&Yのカバーも。ステージ上のほぼ全員が歌うという凄い状態になりました。
僕はYANCYと二人という今までにない形で演奏したのですが、渋滞に巻き込まれたYANCYが到着したのは本番直前。間に合って良かったです。ピアノとギターだけでやってみたら、いつもやってる曲の感じがまた変わって新鮮でした。

この番組「ようこそ夢街名曲堂へ!」も、僕がレギュラー出演させて頂いていた頃から数えて、もう300回というのも凄いです。こんなにディープな音楽番組が続けられているのは、長門芳郎さんを始めとする筋金入りの音楽ファン、そしてリスナーのなせる技。
この日は出演者もみんなただの音楽ファンに戻ったような感じで、凄くリラックスして楽しむことが出来ました。

写真は杉さん、松尾さんと楽屋にて。楽屋でも杉さんのギャグ炸裂(ステージで言えないネタ多数)。なんだかお笑いトリオに見えてきます。
200611051536000

« インタビューされてみました | トップページ | ジョアン »

コメント

相性抜群のYANCYさんとの共演はもちろん、杉さまとのエヴァリーも楽しみました。お二人は甘い声が魅力なので男女デュオでもないのにニーノ・テンポ&エイプリル・スティーヴンスなんかを聴いてみたいと思いました。秀樹さんがエイプリル。ちょっと無理か。

松尾さま/杉さまと並ばれてIf I Needed SomeoneやTeach Your Childrenも嬉しい選曲でした。

滅多にない組み合わせで二度、三度とおいしかったです。

投稿: きゅうフレンド | 2006年11月11日 (土) 02時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126175/4097331

この記事へのトラックバック一覧です: ようこそ夢街名曲堂へ!:

« インタビューされてみました | トップページ | ジョアン »