« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月20日 (火)

sowansong 発売&石野田奈津代マスタリング終了!

21日は、sowansongの新作「瞬間線」の発売日です。何回聴いたかわかりませんが、何回聴いても飽きません。プロデューサーとして曲作りからレコーディング、ジャケットにいたるまで制作の全ての行程に深く関わった作品なので、無事にサンプルが出来上がった瞬間は自分の作品とはまた違ったうれしさがありました。
Image_disco02_1

■収録曲:
1、ココロカラフル
2、春のダンス
3、恋のオレンジジュース
4、夜の水面
5、ディンドン
6、happy birthday

みんないい曲ですが、最近のお気に入りはM−4の「夜の水面」です。最初は「春のダンス」がイチオシだったのですが、聴いてるうちに他の曲の味が出て来て、好きな順番がどんどん入れ替わります。もちろんみなさんはまだ聴いていないと思いますが、「夜の水面」が一番好きになる頃にはかなり上級者(なんのだ?)になっているはずです。

春のツアーには僕もゲストで参加する予定です。詳しくはsowansongオフィシャルサイトで。


そして進行中だった石野田奈津代さんの新作もマスタリングが終了。僕の他にも町田昌弘さん、松ヶ下宏之さんというプロデューサーが参加しているのですが、お二人の担当した楽曲も素晴らしい出来映えで、それぞれが違ったアプローチでなっちゃんの曲を見事に生まれ変わらせています。複数のプロデューサーやエンジニアが関わると、それぞれの方向性の違いで全体がまとまらなくなる危険もあるのですが、アーティスト本人が人選をして、この曲はこの人に、というビジョンがはっきりしていたからこそ出来た作品だと思います。発売は4月25日の予定。

Nec_0073_1

それにしても才能がある人って沢山いるんだなあ、と改めて思います。そんな人たちと一緒に仕事が出来るのはとても楽しいし、幸せです。そうやって自分の作品がどんどん後回しに・・・

| コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月14日 (水)

飲み過ぎ

プロデュースさせて頂いている石野田奈津代さんの新作のミックスダウンで、久々にスタジオから朝帰りしました。もともとかなり強引なスケジュールの上、途中機材トラブルなどに見舞われたこともあり、終了した時にはすっかり朝。がんばった甲斐あってかなりいい感じの仕上がりにすることが出来ました。

P1060146

完成して後光が射しているなっちゃん。
P1060153

食事の時に一つ下のフロアのロビーで、伊藤銀次さんと遭遇。ウルフルズのプロデューサーとして偶然同じスタジオ内で作業をしているところでした。ちょっとだけ遊びに来てくれた銀次さんはデビュー時のなっちゃんを覚えていたらしく、「制服で歌ってた」とのこと。すごい記憶力です。あんまりない組合わせに思わず記念写真。
P1060150
ちなみに銀次さん、町田cloveにてデビュー30周年記念ライブが18日にあるそうです。

クタクタになって家に帰ったのですが、珍しくお酒ではなくおいしいコーヒーを飲み過ぎたせいか、しばらく眠れませんでした。そのコーヒーの秘密は今回のセッションでギターを弾いてもらった藤田祐介くんのブログでどうぞ。(自分で書けって?)



| コメント (1) | トラックバック (0)

2007年2月 9日 (金)

いろんなスタジオ

只今石野田奈津代さんのレコーディング中です。すごい勢いで録りまくって作業は大詰め。もともと自分が好きな曲の制作を任せてもらえたので気合いも入っていたのですが、自分でも感動するほど良いセッションが出来ました。仕上がりが楽しみです。
写真は大きなスタジオの端っこに座って弾き語りを録音する石野田さん(通称なっちゃん)。せつない曲が端っこ+地べた+照明の暗さの相乗効果で、さらにせつなくなりました。
200702070033001
このなっちゃんギター(マーチンです)、たぶん他の人が弾いても同じ音は出ないと思いますが、ものすごく良い音がします。

大きなレコーディングスタジオを経由して、昨日はストリングスアレンジのためにアレンジャーさんのプライベートスタジオに。先日訪問した方のスタジオとはまた違った趣です。本業は鍵盤の方なんですが、昔の国産のギターが沢山!楽器屋さん状態です。

200702072042000 200702072040000

そんなわけで、今のところ順調に進んでいるアルバム、発売は4月後半の予定です。

レコーディングの様子などはなっちゃんのブログでも見られますので、気になる方はチェックしてみてください。

http://724world.jugem.cc/

| コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

プライベートスタジオ訪問

石野田奈津代さんのレコーディングでお世話になる、ある人のプライベートスタジオに打ち合わせと軽いアレンジの確認のため、訪問しました。ミュージシャンにとって憧れの場所、それはプライベートスタジオです。いつでも自由に音が出せて、好きなだけ作業が出来る場所があれば、時間や予算を気にする事なく音楽作りに没頭出来ます。とは言ってもほとんどの人は自宅がスタジオ代わりになっていて、スタンドが物干竿を兼ねたり、アンプやキーボードがテーブルになったり、機材の上で生活する事態に陥る人もいます。今回訪問したところは生活スペースとは別の場所にある理想的な環境。
いろんな人のスタジオに行きましたが、みんなそれぞれ自分の好みにカスタマイズされていて、とても面白いです。

こちらは某ミュージシャンのプライベートスタジオ。デスクは気に入った板を木場で買ってきたそうです。
パワーブックとprotoolsLE、logicProなどの新しいものが入っていてシンプルにまとまってます。
200702012216000

下は僕の事務所のデスク。全ての機材のバージョンが微妙に古いです。持って行ったファイルが開けずに困りました。調べたら同じソフトでも保存の方法で互換に問題がある事が判明。
そして散らかり過ぎです。

200701310103000

いや、きれい過ぎると落ち着かないのです(言い訳)。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »