« メジャーデビューする方法 | トップページ | 流し・・・ »

2007年5月21日 (月)

沖縄行きたい

一つ前の更新での狙い通り、「メジャーデビューする方法」の広告が出ていて思わず笑っちゃいました。ひょっとしてこれは宣伝に加担しているのではないか、とも思いましたが、気にしない事にします。別に迷惑かけてるわけじゃないし。

この数日はすごくいいライブを見ることが出来ました。まずは寺尾紗穂さんの新作「御身(onmi)」のレコ初2daysライブ。

今回の2days、いろいろあって(そのうち書きます)ちょうど連絡したCOUCHの平泉光司くんとママレイド・ラグの田中拡邦くんの二人が、なんと二人とも一日ずつゲスト出演することがわかったので、これは何かの縁ではないかと勝手に思って両日行くことに。

寺尾紗穂さんは評判通りの驚きの歌声!僕の周りの人たちからは「大貫妙子さんと吉田美奈子さんと矢野顕子さんを足して3で割った感じ」などと言われていた のですが、評判通りでした。女性シンガー・ソングライター好き(自分か?)の方にはたまらないは ずです。

二日間聴かせて頂いて感じたのは、彼女の歌の中にある「悲しみの質感」みたいなもの。どんな悲しい曲を歌っていても、その感じは日本的な哀愁ともアメリカ的な泥臭さとも、ちょっと違うのです。彼女の歌にはどこか物事を俯瞰で見たような、ある種の語り部的な感覚があって、それが彼女の存在をとても独特なものにしているような気がします。

1日目の平泉くん、2日目の田中くんのライブ、そしてセッションもまた素晴らしかったです。この手のものをやらせたらギタリストとしても、ボーカリストとしても僕の中では1、2位を争うお二人ですが、寺尾さんとのマッチングは抜群。向かう方角が同じなのか、すごい息の合い方で驚きました。こういう組み合わせでイベントやってくれないかなあ、と期待してしまいます(自分が企画しろって話もありますが)。


二日目の寺尾さんの前には、sowansongが出演したIE SOUND JAMBOREE in AXへ。7月に行われるイベント「IE SOUND JAMBOREE vol.3」の前夜祭なのですが、sowansongは「虫の音バンド」なるメンバーと出演。
「ディンドン」という曲は沖縄で出来た、ということもあって、聴いているとたまらなく沖縄に行ってみたくなります。去年は台風で中止になってしまいましたが、今年はいいお天気に恵まれますように。

真っ青な海、広がる砂浜、白い雲、気持ちのいい風の吹く屋外ステージからsowansongの歌声が流れるころ僕は・・・。



仕事だな・・・

« メジャーデビューする方法 | トップページ | 流し・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126175/6471910

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄行きたい:

« メジャーデビューする方法 | トップページ | 流し・・・ »