« サービスエリアの深さを知る | トップページ | ハモリの深さを知る »

2007年7月12日 (木)

録音と時間の深さを知る

東京に着いたのは朝の6時過ぎ。6時間後には進行中のサントラの録音のためレコーディングスタジオにいなくてはいけません。しかもちゃんと譜面や資料が揃っていなかったので、がんばって用意します。自業自得という言葉はこういう時に使うのが正しい、と思います。

なんとか起きてスタジオに到着。栄養ドリンクとビタミン剤とコーヒーを飲みまくります。体に良さそうなものと悪そうなものをミックスしているので、なんだか良くわかりません。

今回のリズム隊はおなじみの棚沢さんと戸田さんです。

Nec_0166
デッド(残響の少ない)な音を作るためにドラムの周りを毛布で覆われている棚沢さん。決してここで風雨に耐えて生活しているわけではありません。
エンジニアと一緒に思い描く音に近づけるためには、色々な工夫があります。
よく見るレコーディングの風景はカッコいい感じのものが多いですが、実はこんな状態になっている場合もよくあります(僕だけかもしれないけど)。

カッコいい感じのものも
Nec_0169
戸田さんのベース

Nec_0167
YANCYがプレイしたローズ&オルガン

Nec_0168
ママレイド・ラグ田中くんのストラト


マイクを立てる場所や音の大きさによっても録音される音は変わります。エンジニアが追求するレコーディングの技術も奥が深いのです。

で、追い込んでいたら時間も深くなり、さらに深さを通り越して朝になってしまいました。
なぜ帰るころにはいつも朝なのか、その謎も深まる一方です。

« サービスエリアの深さを知る | トップページ | ハモリの深さを知る »

コメント

棚沢さんの毛布のくだり
ウケマクリです。

こんなに笑っては棚沢さんに失礼だな・・
って、思いつつ爆笑止まりません。

投稿: 風 | 2007年7月12日 (木) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126175/7109406

この記事へのトラックバック一覧です: 録音と時間の深さを知る:

« サービスエリアの深さを知る | トップページ | ハモリの深さを知る »