« 伊藤銀次さんと京都の深さを知る | トップページ | サービスエリアの深さを知る »

2007年7月12日 (木)

大阪で伊藤銀次さんの深さを知る

せっかくなので大阪のライブにも飛び入り参加させてもらう事になり、老舗ライブハウスのバナナホールへ。ここは本当にいい会場です。存続が危ぶまれているらしいですが、出来れば今後もずっと続いて欲しいです。
写真はステージ脇からこっそり撮ったもの。サイドの照明が強くて銀次さんに後光がさしてます。
Nec_0162

この日のサウンドチェックで銀次さんが「黒沢くんの曲でギターを一緒に弾くよ」と言ってくれて、銀次さんのギターをバックに歌うという贅沢をさせてもらいました。そんなことあっていいのか?!うれしかったです。

ミュージシャン、プロデューサーとしてもマルチな才能を発揮する伊藤銀次さんですが、今回一緒に演奏させてもらって感じたことは「ソングライター」としての凄さでした。
親しみやすいポップな曲が多いのですが、分解してみるとその多くは実に緻密に構築されていて、メロディーに対するコードのアプローチや、イントロやブリッジ、エンディングへの展開の仕方など、本当に良く組み立てられています。こういうのを「職人技」というではないかと思います。今までは何気なく聴いていた曲でしたが、あの「笑っていいとも」のテーマでさえも、素人がちょっと考えて作れるレベルの曲ではありません。

こういう事がわかるようになった自分も少しは成長したなあ、と思いつつ、プロフェッショナルの深みを改めて感じました。勉強になります。

で、ライブの余韻に浸っていたら、新幹線に乗り遅れました。

« 伊藤銀次さんと京都の深さを知る | トップページ | サービスエリアの深さを知る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126175/7108995

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪で伊藤銀次さんの深さを知る:

« 伊藤銀次さんと京都の深さを知る | トップページ | サービスエリアの深さを知る »